和食インストラクター養成講座

申込み受付は2017年7月20日(木)までです。

和食文化の正しい知識を広めるための教育指導、和食サービスに関する実務指導者の育成に向け、「和食インストラクター養成講座」と「和室の振舞講座」を東京地区で実施いたします。

  • 概要・申込み
  • 和食マスターインストラクターとは
  • 養成講座の流れ
  • 認定制度規定
  • 認定者紹介


和食インストラクター養成講座の概要

◆養成講座の目的

和食の現場のおもてなし力を向上させるための効果的な指導方法の習得
和食検定で習得した知識をベースに根拠と自信を持ってわかりやすく伝えるためのノウハウの習得
お客様満足の向上と共に、売上げや利益の向上に貢献する人材の育成

1.講座の種類

2講座3日間の受講を基本としていますが、第1部、第2部のどちらか一方の講座のみを受講することが可能です。

第1部)和食インストラクター養成講座(2日間)

企業から求められる人材という観点から指導者としての意識を高め、問題点発見の視点や具体的な指導のポイント、研修の進め方を習得

第2部)和室での振舞講座(1日)

和室での実践での動きを確認し、実務の現場でのサービスの指導に必要な振舞を体得

2.受講資格

・和食検定初級レベル、基本レベル、実務レベルのいずれかの認定を受けていること
※2講座3日間の養成講座を受講され必要な条件を満たした方を「和食マスターインストラクター」「準和食マスターインストラクター」に認定します。認定基準などの詳細は「和食インストラクター認定制度規定」でご確認ください。

3.受講料

  • (1)和食インストラクター養成講座/和室での振舞講座の2講座(3日間):¥108,000円(税込)
  • (2)和食インストラクター養成講座(2日間):¥64,800円(税込)
  • (3)和室での振舞講座(1日):¥43,200円(税込)

4.募集定員

10名
※受付は先着順とさせて頂きます。応募多数の場合は受講できないこともありますので、予めご了承ください。

5.募集期間

2017年4月3日(月)~2017年7月20日(木)

6.申込方法

和食検定ホームページ内、和食インストラクター養成講座の申込フォームに必要事項を記入の上、ホームページ又は郵送で申込んでください。
和食マスターインストラクターの認定を目指す「和食インストラクター養成講座/和室での振舞講座(3日間)」をお申込の場合は、推薦状または自薦状と職務経歴書(フォーム有)を必ず添付してお申込みください。
ホームページから申し込む場合は、ダウンロードした職務経歴書にワードで記入して申込フォームに添付することができます。
添付できない場合は、職務経歴書の書式をダウンロードして印刷し、手書きでご記入の上、郵送またはFAXでお送りください。
お申し込みの際に「和食インストラクター認定制度規定」を必ずご確認ください。

★郵送・FAXでのお申込み

申込み受付は2017年7月20日(木)までです。

お申込み書類(PDF ・WORD)をダウンロードし、ご記入のうえ郵送またはFAXでお送りください。

◆郵送先
〒164-0003
東京都中野区東中野3-15-14 一般財団法人日本ホテル教育センター 和食検定本部宛
◆FAX先:03-3362-5940

※振込先につきましては、お申込み書類を受領後にお知らせいたします。
※受講料の振込み期限は7月25日(火)です。
※期日までにお振込みの確認が出来ない場合や提出書類の届かない場合は、受講できませんのでご注意ください。
※お振込み後に受講者様都合でキャンセルされた場合、受講料は返金できませんのでご了承ください。また、受講後はその理由を問わずご返金は致しかねます。

★ホームページでのお申込み

申込み受付は2017年7月20日(木)までです。

お申込み画面へ

7.養成講座の内容

第1部:和食インストラクター養成講座(2日間)
【開講日程】 2017年8月3日(木)~4日(金)
1日目:10:00~17:00(休憩60分)
2日目:10:00~17:30(休憩60分)
【講師】 一般財団法人日本ホテル教育センター 事業本部長 大堀貴弘
【カリキュラム】 インストラクターに期待される役割
早期育成・指導の原則
インストラクターに求められる研修技法
レッスンプランの作り方と訓練補助具の使い方
問題点の発見の視点と改善のアプローチ
実習準備
【会場】 専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区東中野)
第2部:和室での振舞講座(1日)
【開講日程】 2017年8月22日(火) 10:00~17:00(休憩1時間)
【講師】 一般社団法人日本コミュニケーション&マナー協会
理事長 金子理恵
【カリキュラム】 和室のしつらい/襖の開け閉め
立ち方座り方/座礼/歩き方/座布団の座り方
跪座の姿勢と跪座での移動/膝の振り方/膝行膝退
【会場】 中野サンプラザ和室研修室
【服装】 着物着用(洋装の場合はソックス持参)

※カリキュラムは変更することもありますので、予めご了承ください。

講師プロフィール

◆和食インストラクター養成講座講師ご紹介

大堀 貴弘 一般財団法人日本ホテル教育センター 理事長補佐兼事業統括本部長

≪経歴≫

aoki.png

インターコンチネンタルホテル&リゾーツPLCで日本地区統括人事総務部長、並びにマスタートレーナーとして人材育成を推進。
その後、ヒルトンインターナショナル社で日本・ミクロネシア地区人事総務統括本部長兼日本地区開発本部長として、グローバル人事、教育研修並びに新規ホテルとしてコンラッド東京他の開業に携わり、株式会社イシンホテルズグループで人事・総務・人材育成担当副社長兼ホテル運営会社6社の代表取締役社長を経て、西洋フード・コンパスグループ株式会社(国内子会社7社含む)では人事・総務・教育研修・コンプライアンスの担当役員及び子会社である栄食メディックス株式会社・メディフォース鹿児島株式会社取締役、またパレット株式会社代表取締役社長を歴任。
中学1級・高等学校2級外国語教職員免許をはじめとする数多くの資格を持つ中で、1993年にはトレーナーを養成する資格として世界レベルの権威を持つMaster Trainer Certificate (Inter Continental Hotel and Resorts) を取得し、幅広い分野における数多くの研修実績を持つ。


金子 理恵  一般社団法人日本コミュニケーション&マナー協会 理事長

≪経歴≫

kaneko.png

食育料理家。地産地消食プロデューサー。食育マナーコンサルタント。
NHK教育テレビ「スペイン語講座」アシスタントを経て民放テレビアナウンサーとして勤務後、フリー。
アナウンサーの経験を活かし、現場で即刻使えるコミュニケーションマナー研修、各種ビジネスマナー企業研修・講演を行い、また和の立居振舞講師としても割烹、企業、大学等での和文化、食文化の教育指導にあたっている。
一方で食育料理家として、北イタリアピエモンテミシュラン認定レストランでの調理修行にたびたび赴き、イタリアン精進料理、美肌食育料理レシピの開発など、海外での和食文化の発信、やる気のある人材育成に繋がる食教育コンサルティングにも力を注いでいる。
宮城県県民共済「旬菜みやぎ」料理連載中。